賃貸オフィスのメリット・デメリットと上手な利用法を紹介!

賃貸オフィスのメリット・デメリット

賃貸オフィスを借りたら、初期投資費用を安くおさえられ、手狭になれば他の場所に移転することも容易です。長く借りていれば、賃料の値下げ交渉も可能ですし、利用条件についても有利なものに変更できるでしょう。事業の発展に伴い拡張が必要になれば、隣室が空いた際に更に賃借して引っ越しすることなくオフィスを広げられます。一方で、賃貸オフィスを長期間借りると、賃料全体の支出は初期投資費用の高い自社ビルより更に高くなることもあります。したがって、上記のような賃料値下げ交渉が欠かせません。また、来訪者の制限や泊まり込みの禁止など、賃貸人から利用上の制約を課せられることが多く、自社ビルより使い勝手が悪いこともあります。賃貸オフィスは賃借権を取得するだけで所有権が無い以上、経年劣化や共有部分の管理について責任を免れるのですから、一定の制約を受けることもやむを得ないでしょう。

賃貸オフィスの上手な利用法

こうした賃貸オフィスを利用する上で、事業内容や規模などからメリットが大きいか否か考慮しなければなりません。頻繁にインテリアを変えて顧客に事業内容をアピールしたいなら、改装が難しい賃貸オフィスはおすすめできません。逆に、予め与えられた環境を保持したままで事業を継続できるのであれば、賃貸オフィスが向いていると言えるでしょう。納期までに必ず納品しなければならず、時には泊まり込みも必要な事業の場合は、宿泊制限のある賃貸オフィスを避けたいものです。いずれにしても、契約時に改装や泊まり込みなどの利用条件について細かくチェックして、変更可能かどうかも含め確認しておくことが欠かせません。

中央区で賃貸オフィスを借りるのは、常に高い人気があります。東京23区のほぼ中央に位置し、江戸時代から続く日本経済の中心エリアです。電車やバス等交通の便も良く、都内主要都市にすぐにアクセスできます。