家造りの資金計画!二回に分ける方法とは?

家造りは二回に分けても良い

家造りの資金計画を立てるときに悩みになるのが金額の大きさです。将来的にも住みやすい家に仕上げようと思うと特にコストがかさみがちで、ローンを組むとしても頭金を貯めるまでにかなり時間がかかってしまうでしょう。その際に家造りを二回に分けるという発想を持ってみるのも大切です。まずはすぐに住める範囲で家を建ててしまい、リフォームをすることでさらに住みやすい家に仕上げることも可能なのです。

二回に分けるメリット

家造りを二回に分けるメリットは資金的な負担を分散させられることだけではありません。たった今、住みやすい家と十年後に住みやすい家は違うことが多いでしょう。家族構成が変わったり、年齢的にバリアフリーの方が良くなったりすることもあります。その際にリフォームする計画を立てて資金を貯めておくことにより、リフォームした時点の考え方でより住みやすい家を作り上げることができます。将来はどうなるかわからないという人でも安心して家を建てられる方法です。

二回に分けるときの注意点

家造りを二回に分けてしまうと問題も生じます。何よりも大きいのはトータルでかかる費用は高くなってしまうのが普通だということです。また、リフォーム費用に対してもう一度ローンを組む必要が生じる場合が多く、通常は住宅ローンよりも高い金利で借りなければなりません。まとめて扱ってくれる金融機関もあるので、将来的にリフォームするという考えで家を建てるときには予め相談しておくのも良い考え方でしょう。

2000万の家は人気がありますが、その理由は価格です。手頃な価格となっており、ローンを組んでも無理のない返済計画が立てられます。