フルオーダーにセミオーダー!注文住宅の二つの方法とは?

フルオーダータイプの注文住宅!

家づくりをする時に、こだわりの家を建てたいと考えている人もいるでしょう。このような人は、建売住宅ではなく、自由に家づくりができる「注文住宅」を選ぶといいかもしれません。注文住宅なら、住みたい場所に土地を買い、好きな形、好きな間取りの家を建てることができるためです。注文住宅には大きく分けて二つの方法があります。一つ目が「フルオーダータイプ」の注文住宅になります。フルオーダータイプの注文住宅は、まさにゼロから家づくりに携われるタイプで、設計者との打ち合わせの段階から家づくりを始めることができます。どのようなこだわりのある家だとしても、設計者とハウスメーカーと協力をすれば、実現することができるでしょう。世界に一つだけの理想の家に住むことができるようになります。

セミオーダータイプの注文住宅!

注文住宅のもう一つの方法が「セミオーダータイプ」の注文住宅になります。セミオーダータイプは、ハウスメーカーがあらかじめ用意した枠組みを利用して、家づくりを行っていくタイプになります。例えば家の形はハウスメーカーが用意したいくつかの形があり、施主はその中から選択する形式になります。組み合わせによって無限の可能性があり、個性的な家づくりも可能です。キッチンやバスなど、こだわりたい部分の自由度も高く、理想の家を実現するのに十分な方法と言えそうです。またセミオーダータイプの家なら、家づくりの専門的な知識がない人でも、問題なく家づくりに携わることができます。家づくりの初心者でもこだわりの家を作れるというメリットがあります。

3000万の家を建てるなら、3000万円の建築・施工実績が多い業者に依頼することです。実績があるため施主の要望に応じてくれる場合も多く、理想の提案をしてもらえる可能性が高いです。