賃貸住宅の設備はどこを比較すれば良いの?物件選びで比較する3つのポイント

給湯設備の方式を確認しよう

賃貸住宅選びを行う際には、家賃以外の光熱費が高いほど生活が苦しくなりがちです。同じ間取りで家賃がさほど変わらなければ、光熱費が安く済む部屋ほど年間を通して考えれば数万円の違いとなりかねません。具体的にはオール電化が最も安く都市ガスまでが許容範囲と考える人が多い理由は、料金が完全自由化されていつつも入居者がガス会社を選べないプロパンガスは従量料金が極めて高い物件が多くなっているからです。オーナーにとって有利な条件であっても、入居者にとってはランニングコストが安いことが重要なチェックポイントとなります。

オートロックの有無は安全性に関わる

憧れの部屋を探す条件としてオートロック対応を挙げる人が多いことは、誰もが安全性を重視して選びたいと考えていることの表れです。女性の一人暮らしほどセキュリティ面を万全にしたいと思うことは、ごく自然なこととしてオートロック対応物件の人気を引き上げる理由となっています。実際に訪問販売や不審者侵入のうち何割かをオートロックと監視カメラの組み合わせで防げていることは確かです。

インターネット環境は入居後の生活に直結

集合住宅タイプの賃貸物件ほど、光ファイバー回線を中心としたインターネット回線環境は大きな違いがあります。速度面だけでなく月額利用料金についても賃貸物件ごとに引き込み可能なインターネット回線に違いがあるからこそ、入居後に高い料金を払って速度が出ないインターネット回線を引くことが無いように注意しなければなりません。また、同じ速度であっても月額利用料金に1,000円近く差が出てしまうことが珍しくありません。

小樽の賃貸は、駅の近くが利便性が高いですが、観光地でもあるので、観光客とのトラブルがおこらないかを意識して賃貸を選ぶ必要があります。