私生活が充実する!駅近物件の定義と魅力とは?

駅近物件の定義とは?

賃貸物件の中でも人気が高いのが「駅近物件」になります。駅近物件の定義は不動産屋さんによって違いますが、徒歩5分から10分以内であれば、駅近物件と呼べるのではないでしょうか。不動産屋さんが駅からの分数を決めるとき、「80mにつき1分」という計算になっています。そのため、徒歩10分の物件の多くは、駅から物件までの距離が800mということになります。男性と女性、大きな人と小さな人では歩幅が違い、異動する距離にかかる時間も違います。そのため、実際にどのていど時間がかかるかどうかを見極めるため、内見時などに物件から駅まで歩いてみるといいでしょう。ともあれ徒歩5分以内の物件であれば、家から駅がはっきり見えるほど近くの物件になります。通勤や通学がとても楽になるはずです。

女性にもうれしい駅近物件!

駅近物件の魅力はたくさんありますが、一人暮らしの女性にとっては、夜道を歩くリスクが少ない点が挙げられるでしょう。たいていの場合、駅前は発展しており、夜遅くでも明るい傾向があります。また距離が近いため、数分で家まで帰ることができます。暗い夜道を長々と歩く必要がないため、帰宅時間が遅い傾向の女性も安心して住めそうです。また駅の近くには商業施設が多数あり、便利に楽しく暮らしやすい傾向があります。大型ショッピングモールが駅に併設されているケースがあり、このような街の駅近物件に住めば、徒歩圏内ですべての買い物をすることができます。また映画を楽しんだり、スポーツクラブに通ったりと、趣味を楽しむことも容易にできます。私生活を充実させたい人にとっても、駅近物件は魅力的なのではないでしょうか。

周りを自然豊かな土地に囲まれた千歳の賃貸は、駅から近くても安い賃料で広々としています。築年数が浅いものも多いです。