これで後悔しない!賃貸物件を選ぶときの見極め方を紹介します!

築年数が浅ければ良いというワケではない!

賃貸物件を探している人にありがちなのが、築年数の浅い物件にしか目を向けないというパターン。さすがに築30年とかだと不安を感じてしまう人も多いと思いますが、中には築5年~築10年程度の物件だったとしても嫌がる人がいるようです。新しいものに惹かれる気持ちはわかりますが、築浅の物件はその使用期間の少なさゆえに入居後に設備の不具合が見つかるというケースがよくあるのです。逆にある程度築年数が経っている物件だと長期間メンテナンスされているので、大体の不具合は発見されて対処されていることがほとんど。新築に近い物件は、入居後に設備の不具合に悩まされるかもしれないということを頭に入れておくと良いでしょう。

絶対に内見はしよう!室内のチェックポイントとは?

賃貸物件の内部を見学することが可能な「内見」は、出来る限りしておいた方が良いでしょう。お部屋の実情はやはり、写真や見取り図を見ているだけではなかなか把握出来ないものです。そんな内見ですが、賃貸物件探しに慣れていない人は室内のどこをチェックすれば良いのかわからないかもしれません。

そんな人がお部屋に入った時にまずチェックするべきなのが室内の広さで、特に収納スペースがどれくらいあるかは要チェック。入居後に収納スペースの少なさに悩まされてしまうということが多々あるのです。また、壁の防音性も気になるところ。防音性をチェックする方法としては、軽く壁を叩いてみて壁の厚みを推し量ってみるか、隣が空室なら不動産会社のスタッフに隣の部屋で発声してもらうなどの方法があります。賃貸物件で快適に生活するためにも、お部屋の防音性はしっかりと確かめておきましょう。

恵庭の賃貸物件があるエリアは、隣接地域を結ぶ交通網が発達しているところに有用性があります。エリアを縦断する高速道路をはじめ、隣接する都市には、空港があり、遠方への移動も可能です。