狭くってもメリットいっぱい!狭小住宅のメリット

費用を遥かに安く抑えることができる

狭小住宅のメリットとしてコストパフォーマンスの良さは外せません。広くてまとまった土地は買い手が多く需要が高いですが、狭小住宅に使われるような狭い土地は一般的には買い手が付きづらいこともあり、安価で売られていることも多く土地購入費用を安く抑えることが出来る傾向にあります。また固定資産税も特に安くなるのが狭小住宅の強みです。一般的な広さの住宅に比べるとおよそ半分程度まで落ちることもあり、住むのに不便を感じないのであれば単純に維持費の低減になるのでコスト面では普通の住宅に比べて遥かにお得なのです。土地代や固定資産税が安く済むことで、家そのものの作りにお金を掛けることができるので、防音設備をしっかりした静かで快適な家を目指すのも容易になります。

メンテナンスが楽で維持しやすい

狭小住宅は土地自体は狭いですが、逆に言えばこれは住むのに必要十分以上の余分な部屋が無いということです。家の中の広さは同時に、それを掃除するメンテナンス時間にそのまま跳ね返ってきます。広ければ広いほど掃除にも時間がかかりますし、部屋間の行き来も大変になってしまいます。狭小住宅ではコンパクトに必要な部屋やクローゼットなどがまとまっているので家の中での移動距離が少なく済みますし、掃除の範囲も狭いので頻繁に掃除をしてきれいな状態を保つことも遥かに容易になります。また庭なども基本的にないケースが多く、草むしりなどの面倒な作業も必要ありませんし、虫も湧きにくいので害虫対策も必要最低限で済むケースが多くなるので快適に暮らしやすい環境と言えるでしょう。

狭小住宅とは、敷地面積15坪以下の土地に建てられた住宅のことで、土地の価格が高い都市部や、変形地に住宅を建てる際に多く見られます。